FC2ブログ

「死生存亡」 Art of Totalwar and Megaglest and Other PC Strategy Gamings

Totalwarシリーズと、Megaglest、その他RTS等のPCストラテジーゲームについて色々書くblog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Empire:Total War Play動画 ヴァルミーの戦い

Empire:Total warの実プレイ動画っぽい物がYoutubeに。
これはヴァルミーの戦いですね。恐らくHistorical Battleでしょう。




Narrationは大体こんなことを言ってると思います
(聞き取り自信無いです 1部適当です)↓
フランス革命政府がオーストリアとその同盟軍に対して宣戦を布告した後、
ブラウンシュヴァイク(Braunschweig)公に率いられたプロイセン軍は、
フランスの王権を復活させるべくフランスへの進撃を開始した。
彼らはDumouriez(デュムーリエ)将軍とKellermann(ケレルマン)将軍に
率いられた革命軍の志願兵達と対面した。

朝霧が晴れると同時に、プロイセンとフランス両軍の砲門が開かれた。
ケレルマンは、プロイセン軍の前面の砲を叩く機会を伺っていた。
しかし交戦が始まると彼の部隊はプロシア軍の砲兵に撃退された。
プロイセン軍は、3歩兵縦隊による襲撃を開始した。
プロイセン軍の職業軍人達は、革命軍の市民兵達を
簡単に蹴散らせると思っていたが、彼らは革命軍を甘く見ていた。
高度に訓練されたフランスの砲兵は、
プロイセンの縦隊を撃退した。砲兵による砲撃の応酬が続いたが、
フランス軍の弾薬集積所に砲弾が命中した。
爆発をみたブラウンシュヴァイクは、
フランス軍の戦列に2度目の襲撃を開始した。
ケレルマンは後列の歩兵を前進させて戦列の維持を試みた。
そしてフランス軍の砲兵は再びプロイセンの縦隊に砲撃した。
プロイセン軍兵士の士気はすでに低下しており、
フランス軍の戦列が乱れないのを見ると、撤退を始めた。

ブランシュヴァイク公はフランスからの撤退を命令し、
後日フランスの王権は停止し、フランス共和国が設立された。
この戦いでは、500人以上の者が生命を失った。

時折CutIn的な演出があったりしますが、
これは宣伝向きに挿入したのだろうか、
もしくはEmpireのHistorical Battleでは
こういう演出が導入されたんでしょうか?だとしたら燃えますね。
この動画では砲兵の威力が存分に発揮されているのを見ることが出来ます。
直前まで接近した騎兵を葡萄弾らしき砲撃で撃退したり、
縦隊を砲撃でボコってます。
Empireでは大砲はやはり鍵となる戦力になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:トータルウォー シリーズ Totalwar Rome Med2 Empire - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/02/17(火) 23:06:06|
  2. Empire Total war
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エンパイア・トータルウォー FAQ その6 | ホーム | エンパイア・トータルウォー FAQ その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oha1985.blog84.fc2.com/tb.php/90-a646f9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス

Author:Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス
Twitter:Hageus_Iaponicus
@Hageus_Hagekura

Mail:oha198509@gmail.com

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

Flag counter

free counters

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。