FC2ブログ

「死生存亡」 Art of Totalwar and Megaglest and Other PC Strategy Gamings

Totalwarシリーズと、Megaglest、その他RTS等のPCストラテジーゲームについて色々書くblog.

ローマ・トータルウォー マルチプレイ分析第8回 Rome totalwar Replay No.8

ローマ・トータルウォーマルチプレイ分析の第8回です。
今回は2vs2のチーム戦です。
チーム戦では相互に密接に支援しあうことが必要です。
今回はうまく連携することができ、勝利を得ました。

Replay File
リプレイファイルは拡張子jpgとなってますが、
実際にはZipです。(ブログがZipのアップロードに対応してなかったので)
対象を右クリックで保存したあと、拡張子をJpgからZipにリネームして解凍してください。
This is Zip archive,
Download this file by right click and
rename filename extension from .jpg to .zip then extraction.

我々の布陣です。自分はギリシャです。相方はスキタイです。自分は歩兵を担当しました。相方は弓騎兵のみで構成されています。今回の陣形は斜線陣にしました。
I choose greek and my allies is Scythae.While I'm take care of infantry,my allies using horse archers to support me.
敵はマケドニアとセレウコスです。マケドニアは全部隊ファランクスです。セレウコスは軍団兵と弓兵、騎兵、そして像と戦車を離れた森のなかに隠しています。
Opponents is Seleucid and Makedon.

 非常に離れた森の中に隠された敵の戦車と像です。狙いは解るんですがちょっと本陣から遠すぎると思いますね。
and enemy Seleucid player is hiding elephants and chariots in woods far from battlefield.
戦闘が始まりました。我々は戦場の中央にある小高い丘を占拠することにしました。高地を制する者が戦場を制する。
we are advancing to the hill on the center of battlefield.
我々は敵よりも早く丘を占拠することが出来ました。敵がむかってきますが、こちらは地の利を得ています。
We got hill.Enemies was advancing against us.but they made mistake.Sun Tzu said,"It is a military axiom not to advance uphill against the enemy"
ファランクス同士で戦端が開かれました。味方の弓騎兵が、ファランクスの後方から援護射撃をしています。
Phalanxes have been in  melee fight,and my allies horsearchers pepper the enemy from my rear.
ころあいをみて敵左翼に味方の騎兵が突入しました。槍衾に正面からぶつかったので夥しい戦死者が出ていますが、力業で押し切っています。
some of allies cavalries rush into enemy left side.
敵の像と戦車が突入してきました。
enemy elephants and chariots have arrived.

象は馬に対して効果的ですが、数で勝る騎兵によって追い払われました。
though elephants is effective against cavalries,surrounded by outnumbered cavalries,enemy elephants and chariots were defeated.
味方の騎兵が敵左翼を打ち破って、戦線後方に突破しました。背後に回られた敵の戦線が崩れていきます。
Allies Cavalries broke the enemy leftside and broke through behind the enemies.

敵はほぼ総崩れになりました。追撃します。
Enemy Armies were Collapsed.We were pursuing them.

勝利。
Victory.
戦況のおおまかな推移の図説です。
.1.2 .3
.4 .5

今回自分と組んだ人は、
これが始めてのマルチだったそうですが、歩兵担当と
騎兵担当を2人できっちり分担して、お互いの力を
発揮することができました。相手方の敗因を挙げるなら、
まず我々に丘を取られてしまったこと、その丘に布陣する
優位な地形にいる我々に攻撃をしかけたこと、
像と戦車を遠すぎる場所に配置したため
投入のタイミングを逸してしまったことなどですかね。
あと今回は斜線陣を始めて実戦で使ってみましたが、
この陣形、強いです。配置が単純で扱いやすいですし、
斜線陣はお薦めです。この後いくつかの対戦で
斜線陣を使ってみましたが、いずれも勝利することが出来ました。
スポンサーサイト



テーマ:ローマ・トータルウォー Rome Totalwar - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/06/13(水) 15:55:02|
  2. RTW マルチプレイ分析 Multiplay
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<祝!初日本人戦 | ホーム | マルチに再び参戦するお>>

コメント

相方は外人さんですか? スキタイ選ぶとはまた通だねぇ~。2on2ならではの選択だけど、しかしどうして女性騎兵がいないのか、それが謎だ(笑) 

そもそもスキタイ選ぶ意味っつーたらやっぱり・・・・ですよね  ・・え? 違うの?


とにかく先に中央の高台取った方が有利でした。象さんで大迂回作戦というのは、ちょっと速度的に厳しかったようですね。やりたいことはよく分かったのですが。
  1. 2007/06/13(水) 23:18:06 |
  2. URL |
  3. キャタフラッツ #GgGb9zN6
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~
リプレイ分析も今回からはバイリンガルでお送りいたしますw
まぁなんちゃって英語ですが
面倒くさいからすぐやめるかもww
今回の相方は外人ですね。
そもそも残念ながらマルチで日本人にあったことがありません・・・
ゲーム中のコミュニケーションはごく簡潔なので、
外人相手でも英語力が無くてもなんとなく解りあえます。

スキタイを選んだらやっぱり・・・・です!!(断言
なのにむっさい男ばっかで、正直がっかりしますたwww
まぁ純粋に性能で選んだんでしょうな

最初は相方に最初の場所から動かないで
敵を待ちうけようと言われたんですが、
とりあえず丘はとらにゃいかんだろってことで。
敵も開始地点で待ち受けることを考えていたようですが、
結果的に敵より先に丘をとることが出来ました。
  1. 2007/06/14(木) 01:07:37 |
  2. URL |
  3. Hageus Japonicus #3oLLaoxM
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~
ボクサーさんは残念ながらキー入力でエラーになってしまうらしいです

マルチで対戦しているとヘタクソな人もいっぱい居ますし、自分の腕前に自信が無くても気にせず誰にでも参加して欲しいです

基本的には自分は金、土、日は出来ないんですが、今週は金曜日も出来ます。
ちょっと今日は出来るか解らないんですが、
今日か明日の11時ごろ、またロビーにゲームを立ててみる積もりなので、
よろしければご参加ください。
ゲーム名はJapaneseとかにします。今度はパスはかけないです。

  1. 2007/06/14(木) 22:27:51 |
  2. URL |
  3. Hageus Japonicus #3oLLaoxM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oha1985.blog84.fc2.com/tb.php/50-6eceda65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス

Author:Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス
Twitter:Hageus_Iaponicus
@Hageus_Hagekura

Mail:oha198509@gmail.com

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

Flag counter

free counters

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する