FC2ブログ

「死生存亡」 Art of Totalwar and Megaglest and Other PC Strategy Gamings

Totalwarシリーズと、Megaglest、その他RTS等のPCストラテジーゲームについて色々書くblog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローマ・トータルウォー マルチプレイ リプレイ 第4回

塵高くして鋭き者は車の来るなり。
~孫子~

この戦いは、自分自信この記事を書くために
何度もリプレイを見直さなければならなかった程の
混沌とした大激戦となりましたが、
それまでの経験を踏まえ改良した方陣を使い、
辛くも勝利をおさめました。


リプレイファイル
リプレイファイルは拡張子jpgとなってますが、
実際にはZipです。(ブログがZipのアップロードに対応してなかったので)
対象を右クリックで保存したあと、拡張子をJpgからZipにリネームして解凍してください。


Replay 04-01
こちらの布陣です。
これまでの経験を踏まえてバリスタを弓兵に、
オナガーを減らしてその分歩兵を増やしています。
オナガーの左右にこれまでどおり方陣を1つずつ、
二つの方陣をつくっています。その背後にトリアリアイ、
アーバンコホルトを予備戦力として控えさせています。
敵がどこから来ても対応できる陣形です。
Replay 04-02
敵はセレウコス朝です。
セレウコスはファランクス、カタフラクト、
オナガー、戦車、像、
なんでも揃ってて人気がある陣営ですね。
今回の敵も中央にファランクス、
左右にカタフラクト、像、戦車と
出せるもの全て出した感じの軍勢です。
厄介な像、戦車をうまくあしらうことが
出来るかどうかが勝負を決めます。
Replay 04-03
戦闘開始。敵を射程に納めるために自陣を前進させます。
敵のオナガーも打ち返してきますが、
敵は1部隊しか持ってないので殆ど無視しました。
Replay 04-04
敵軍が前進を開始しました。
左右の戦車、像、騎兵はこちらを包囲するつもりです。
Replay 04-05
と、侮っていた敵オナガーの一撃が
不運にもこちらの将軍に直撃してしまいますた。
何が起きるか解らないのが戦場ということでしょうか。
Replay 04-06
敵右翼の戦車、像、カタフラクトが襲い掛かってきますが、
火矢で敵戦車を暴走させることに成功します。
しかも傍にいたカタフラクトは
暴走した戦車の巻き添えを喰って全滅しましたw。
Replay 04-07
暴走する敵戦車がさらに戦象を一匹始末してくれました。
敵にしてみればはなはだ不運ですが、
こっちも将軍をまぐれ当たりされたのだから
おあいこといったところでしょう。
Replay 04-08
敵左翼も襲い掛かってきます。
後方の騎兵と歩兵を移動させてそれに備えますが、
弓兵に火矢を使わせるのを忘れてしまったため、
こちらは突入を許してしまいます。
Replay 04-09
敵の像、戦車が方陣を突破しました。
Replay 04-10
さらに敵戦車はこちらのオナガーに襲い掛かります。
将軍護衛兵の生き残りと歩兵を使い、なんとか撃退に成功します。
Replay 04-11
右翼はすでに大混戦です。
Replay 04-12
左翼では、歩兵の奮戦でなんとか象を撃退しました。
Replay 04-13
敵ファランクスが到着しました。こちらも歩兵を突撃させます。
Replay 04-14
右翼でもなんとか象どもを追い返し、
敵ファランクスに突撃します。
Replay 04-15Replay 04-16
すでに戦況の把握が困難なほどの大激戦です。
Replay 04-17
こちらの左翼では敵ファランクスの撃退に成功しました。
苦戦している右翼に応援に向かわせます。

Replay 04-18
戦闘の中心。
こちらはやや形勢不利です。

Replay 04-19
ここで勝てなければ敗北です。
全兵力を結集させます。
弓兵までも突撃させます。

Replay 04-20
辛くも勝利をおさめることができました。
Replay 04-21

戦闘結果です。


今回は敵の像、戦車、
馬の混成部隊の対処にやはり苦労しましたが、
敵も多くの部隊を操るのはかなり苦労したはずです。
こちらの不手際で敵の突破を許す場面もありましたが、
最終的には勝利を収めることが出来ました。
重要なのはとにかく兵力を集中させることでしょう。
敵はやはり複雑な機動部隊の操作に気をとられたのか、
決定的な場面でこちらを叩き潰す
チャンスを逃していることがいくつかありました。
一方こちらは基本的には防戦に徹し、
方陣の機能を活用することが出来ました。
この戦いでテルシオ方陣ローマverはほぼ完成です。
この方陣は使いこなせば大抵の敵に勝てます。
次回からはこの方陣の威力をお見せします。
スポンサーサイト

テーマ:Rome total war - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2007/05/09(水) 13:41:51|
  2. RTW マルチプレイ分析 Multiplay
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ちょこっとMod紹介「Napoleonic Totalwar II」 | ホーム | 引き続きEuropa Barbarorum>>

コメント

早速拝見しようと思ったけど、ダウンロードしたファイルはどうやら3回目のリプレイのファイルになってるみたいだよ。
  1. 2007/05/09(水) 21:36:24 |
  2. URL |
  3. キャタフラッツ #BmmggK7o
  4. [ 編集 ]

ご指摘ありがとうございます。
確かに3回目のものでした。
只今正しいファイルに差し替えました。
  1. 2007/05/09(水) 22:18:14 |
  2. URL |
  3. Hageus Japonicus #3oLLaoxM
  4. [ 編集 ]

お見事でした。相手は両翼から同時に挟撃しようとしたが操作が追っつかないという印象。しかも気がついたら虎の子の象さんや戦車が暴走させられて自爆しちゃってるw 相当混乱してしまったんじゃないかな。そうなると冷静さなんて宇宙の端まで吹っ飛んでしまうのだろう。
思うに相手は始める前は負ける気はしなかっただろうな。えてして現実とは脳内プランのようにはいかないもの・・

ノーポーズの対人プレイの難しさがよく現れているリプレイで、あそこはこうすればよかったとか、後から第三者が何とでも言えるが、実際にやってみたら俺なんかもっとダメなんだろうな、と痛感。
  1. 2007/05/10(木) 23:52:07 |
  2. URL |
  3. キャタフラッツ #BmmggK7o
  4. [ 編集 ]

どーもです。
マルチプレイではポーズが効かないので、
うっかり指示を忘れてしまうことは多いです。
こういう所をしっかりこなせれば
直接強さにつながるのでしょう。
戦車、象、投石器などは
CPU相手では反則扱いですが、
それぞれ対処法はありますから
決して無敵という訳でもないです。
こういう高コストのユニットを無効化できれば
こちらは自然有利になります。
だから自分はユニット縛り無しのゲームが好きですね。
そもそも実戦ならどんな手を使おうが勝てば正義ですし。
  1. 2007/05/11(金) 01:13:50 |
  2. URL |
  3. Hageus Japonicus #3oLLaoxM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oha1985.blog84.fc2.com/tb.php/15-78ad232c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス

Author:Hageus Hagekura Iaponnicus Simplicissimus ヘイジャス・ハゲクラ・イアパニカス・ジンプリキスムス
Twitter:Hageus_Iaponicus
@Hageus_Hagekura

Mail:oha198509@gmail.com

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

Flag counter

free counters

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。